消しゴムはんこワークショップ

カッターと消しゴムとインクだけで気軽に始められるアート!簡単な図案でも、インクの色や押し方の工夫で、ビックリするほど可愛い作品が出来ます。『消しゴムはんこ。』シリーズ作者の津久井智子が、彫る前の下準備・刃の持ち方から、ていねいに教えます。


日時:8月26日(日)11:00~
定員:20名
体験費:1,500円+材料費1,500円
所要時間:2時間
場所:2F 音楽室

プロフィール

津久井 智子 (ツクイ トモコ)

消しゴムはんこ職人。1980年、埼玉県出身。O型。
和光大学人間関係学部卒業。

2003年夏より、オーダーメイドの消しゴムはんこや「象夏堂(しょうかどう)」として 各地イベントをさすらうかたわら、テレビ出演や雑誌、書籍、ワークショップを通して、消しゴムはんこの楽しみ方や活用法を発信している。
その他、消しゴムはんこをベースにした仕事は、キット商品の監修、挿絵、ロゴデザインなど多岐に渡る。
文具情報誌「BUN2」では、エッセイ漫画「ヒマラヤほどの消しゴムひとつ。」も毎号連載中。

主な著書は『消しゴムはんこ。』、『またまた、消しゴムはんこ。』、『消しゴムはんこ。で年賀状』『レトロかわいい消しゴムはんこ。』(ともに主婦の友社)、『布に押す、消しゴムはんこ。』(ブティック社)、『かんたん、消しゴムはんこ。』(宝島社)、『消しゴムはんこ。歳時記も。』『消しゴムはんこ。はじめまして。』(大和書房)。」

参考WEBサイト:http://tsukuitomoko.com/